カミツレエキス 入浴剤

ハーブの女王100%の華密恋でアレルギー対策

カモミールはヨーロッパではハーブの女王と呼ばれ、4000年以上も昔から薬草として用いられてきた歴史があります。

 

 

また、和名ではカミツレと言い、その主な特長は、美白、抗炎症、保湿、抗酸化などに期待が持てると言われています。

 

 

そのため美容液としても使われているのですが、中には華密恋のように入浴剤としても多くの方に利用されいるハーブなのです。

 

 

ではカミツレエキスを入浴剤として使用すると、どのようなことが期待できるのでしょうか?

 

 

実は敏感肌やアレルギーの肌に対しての抗炎症や保湿が期待できるのです。

 

 

これは華密恋の口コミなどでも多く寄せられている感想ですし、昔から入浴剤にカミツレエキスが使用されてきたことからも事実なのでしょう。

 

 

特に華密恋は成分的にカミツレエキス100%の入浴剤ですので、毎日使っているとお肌の調子が少しずつ整えられてくるはずです。

 

 

また、華密恋は植物性で低刺激ですから、赤ちゃんにも安心して使えるというメリットあります。

 

 

使い方は簡単で50mlほどをお風呂に入れるだけです。

 

 

注意してもらいたいのは、効率よくカミツレエキスを肌に浸透させるために、入浴後にシャワーなどで体を流さないことです。

 

 

入浴後はさっぱりしたくなるので、ついお湯を体に掛けてしまいますが、せっかくのカミツレエキスが肌に浸透する前に流されてしまうので、できる限りそのままの状態でお風呂を出ましょう。

 

 

たったこれだけのことを守るだけで、あとはカミツレエキスが肌の炎症など鎮めてくれます。

 

 

もし、市販の入浴剤や薬を使っても、あまりアレルギーが良くならない場合は、一度、華密恋を試してみてください。

 

 

完全に治るとまではいかなくても、アレルギーの症状が少し楽になってくれるはずです。

 

>>華密恋(カミツレン)薬用入浴剤 公式サイトはこちらから<<